SEOペナルティー

SEO対策で気を付けなければならないのは、SEOペナルティーを受けないようにすることです。リンクのスパム行為も知っておくことが大事です。リンクの使い方にもスパムと判断されるタブーがあります。画期的なアイデアだと思って
実行したら、スパムと 判断されてしまった。 という可能性もあるので、どのように リンクを使えばスパムと見なされるのかも、しっかり 把握しておく必要があります。
ます、SEO対策のペナルティーを受けないために無意昧なリンクを大量に貼 らないことです。テーマに共通性がない外部サイトと 多くの リンクを 交わ していると、スパム と判断される危険性があります 。 これは、リンクは本来何らかの必然性があって貼られるもので、共通点のないサイ トと無節操に リンクを結ぶこと は、 リンクポピュラ リティの向上だけを目的にしてい る、とい う判断基準からです。現に、そうした意図から多くのサイトが相互 リンクを貼り合う、リンクファ ームと呼ばれるグループも存在します。と言っても、知り合いが運営しているホームページなど、好意で リン
クを交わす場合もあるでしょう 。テーマが共通しないサイ トとのリンクは、そうした場合のみにしておくべきです。
リンクファームへのリンクを賠らないこと
リンクファ ームに関しては、無断で リンクを貼られてグループに巻き込まれでも、評価が下がることはありません。ですが、それとは知らずにこちらからの リンクを貼ると、 リンクファ ームに参加していると受け取られてしまいます。 リン クを貼る際には、相手がリンクフ ァームでないかを確認することが大事です。

例えば自分のホームページを表すキ ーワード がたくさんありすぎる場合、「中古車 ヴィッツ」で最適化するページ、「中古車 ワゴン」で 最適化する ページ、「中古車 セダン」 で最適化するページ、というようにたくさんのページを用意します。そして、それらのページには、メインのホ ームページにすぐに転送される仕組みを施します。転送とは、特定のホームページを表示すると、自動的に別ページに切り替わる仕組みです。 これを利用することで、様々なキーワ ード検索を行った人を自分のページへ誘導できてしまいます。この手法も立派なスパムです。
また、 ドアウェイページを異なるキーワードではなく、同じキーワードで、しかし別のドメイン名で行う方法もあります。

詳しいSEOペナルティーについては格安SEO対策の東京SEOメーカーまで。