SEOのスパム行為

SEO対策では様々なスパム行為があります。
「複製ページ」と言って、異なる ドメインをいくつも使い、閉じコンテンツを複数サイトに置くスパムのテクニックもあります。複製ページも、特定のキー ワー ドでの検索結果の占有を狙ったものです。 しかもこの場合、デザインを少し変えたりすることで、スパムチェックから逃れることもできるようで、例えばインターネット関係の用語を使って検索すると、同じ内容でデザインだけが異なるページが大量に引っかかつてしまいます。 たくさんの情報を得ょうと思って検索結果を見ていっても、次々と 同じ内容のページが引っかかるのは、なかなかいやな感じです。検索エ ンジンがこういった行為を嫌う理由が良くわかります。
リファラ ースパムとは、リンク元として嘘の情報を送ってホームページにアクセスする ことをいいます 。アクセス解析を行うと、リンク元のページを調べることができますが、これはブラウザがアクセスする際に、「私はこのページから来ました」という意味で、送ってきてくれる情報です。これをリファラ ー情報と呼ぶのですが、ここに自分が宣伝したい、リンク元でもなんでもないホームページのURLを入れてアクセスすることで、アクセスしたホームページの管理者に嘘の URLを リンク元のように送ってしまうことが可能なのです。 もし、アクセスされたホームページの管理者がアクセス解析を利用していたら、その URLが新しく自分のサイトにリンクを貼ってくれたのかと思って、そのサイトにアク セスしてしまうでしょう 。 また、最近では送られてきたリンク元情報を、自動的に「今日のリンク元」などといっ たリンク集にまとめてくれるプログラムを利用しているサイトもあります。こういった サイトでは、嘘のリンク元情報を使ってアクセスするだけで、自分の宣伝したいURL をそのサイトのリンクに含めてしまうことができるのです。それによって、そのサイト はリンクポピュラリティを上げるととができるわけです 。こ ういった嘘のリンク元情報 を使ったテクニックを「リファラースパム」と呼びます。SEO対策で大事なことは、こういったスパム行為をやらないことが非常に大事です。